プレスリリース

若狭牛ブランドを守るため和牛繁殖委託事業の取組み開始

2017年12月15日

JA福井県経済連では県内の和牛生産基盤の維持のため、和牛の繁殖委託事業への取組みを開始します。全国的な和牛繁殖農家の高齢化や廃業により和牛子牛が減少し、素牛価格は5年間で1頭当り400千円も値上がりし、和牛肥育農家の経営を圧迫し、生産頭数も年々減少しています。
この状況を打開するため、JA福井県経済連が九州市場などから繁殖牛を導入し、県内繁殖農家へ管理を委託し、生産された子牛を県内の肥育農家へ安定した価格で供給することで本県の和牛生産基盤を維持していくことを目的とし、若狭牛を取り扱う食肉卸業者からも若狭牛ブランドを守るための本事業に対する期待が寄せられています。 
JA福井県経済連では新規事業として取組み、今回をモデルケースとして今後事業規模を拡大していきます。

1.導入日:平成29年12月17日(日)午前9時ごろ
 ※JA福井市管内の繁殖農家に九州(宮崎県)の家畜市場(12/16都城家畜市場のせり日)から繁殖牛を導入する。午前9時ごろトラックから牛を降ろし、牛舎に入ったところで取材対応します。
2.導入場所(委託農家):JA福井市管内の繁殖農家 渡辺高義氏の牛舎(福井市宿堂町6-26)
3.導入牛:繁殖牛2頭
※妊娠している雌牛で妊娠期間は市場のセリ後でないと分からないが2〜8ヶ月ぐらい。
※子牛が生まれる時期:平成30年2月から10月頃、子牛の出荷時期:平成31年10月から平成32年6月頃
※12月17日以外でもお問合せいただければ取材対応いたします。

【問合先】 この件に関する問い合せは次の通りです。
JA福井県経済連 生産販売部 畜産課 担当:小林康浩(携帯:090-7740-1706)TEL:0776−54−0205 FAX:0776−54−0396

■添付ファイル:182-和牛繁殖委託事業概要資料 .xlsx


伝統的郷土料理
「たくあん漬け」講習会の開催について

2017年11月30日

我が国の伝統食である「たくあん漬け」を手作りすることにより、伝統的郷土料理を継承し、和食の基本である「ごはん食」の重要性をアピールするとともに、園芸振興の拡大につなげることを目的に、標記の講習会を下記のとおり開催いたします。
JA越前丹生清水支店前のはさばで天日干した大根をいり糠・塩・唐辛子などを入れて樽に本漬けして保存する伝統的な方法で講習会を行います。


1.日 時  平成29年12月2日(土)  1回目:10:00〜12:00 2回目:13:00〜16:00
2.場 所  JA越前丹生 清水支店(〒910-3622 福井県福井市風巻町27−2)
3.主 催  JA越前丹生 清水支店
4.共 催  JA福井県中央会
5.参集者  消費者、組合員 他(1回目 10組、2回目 7組参加)

【問合先】 この件に関する問い合せは次の通りです。
JA福井県五連 組合員トータルサポートセンター 農業企画課 三村(TEL:0776-27-8214)


地域の隠れた名品 塩柿「三郎座」真の復活へ
〜12月1日より販売開始〜

2017年11月30日

JA越前丹生が、古くは越前町で作られ冬場の貴重な果物として庶民に親しまれていた渋柿「三郎座」を使った塩合わせ柿「三郎座」の販売を開始します。
5年前に採取した穂木を農家が栽培・収穫した「三郎座」を合わせ、真の復活へ向けての一歩となる販売開始となります。下記の日程で販売を開始します。

1.商品名  塩あわせ柿「三郎座」1個入り=100円  2個入り=180円(税込)
2.日 時  平成29年12月1日(金)10時00分〜
3.場 所  JA越前丹生農産物直売所「丹生膳野菜」
      〒910-3622 福井市風巻町27-2  п@0776-98-3577

【問合先】 この件に関する問い合せは次の通りです。
越前丹生農業協同組合 営農販売部 販売課 広報担当 上野 誠(TEL:0776-98-8686)携帯:090-9766-5960)